この時期は、調理、食事には注意しなければなりませんよ。これについては、特に注意しなければなりませんね。食中毒にならない為に、弁当作りにおいて気をつけるポイントについてまとめました。まず弁当箱をしっかりと殺菌しておくことですね。食器洗い乾燥機などを使って弁当箱をしっかり乾燥させます。これも大切なポイントになります。弁当を作る前に調理者の手洗いを徹底することですね。これは言うまでもありませんよね。忘れがちなのが調理中の手洗いになります。ですから、その都度、手洗いをするようにしてくださいね。

次に弁当の中に水分を入れないようにしてくださいね。気をつけてくださいね。水分は食中毒の大敵と言います。水分がいっぱい入っている生野菜などは避けてください。あと、茹でたり塩をかけたりして水分を出しておくと良いですね。このようにして調理方法にも工夫が必要ですよ。焼き物、揚げ物などは傷みにくいです。ですから、弁当に最適です。煮ものなどは、水分が多いので避けたい所ですね。しかし、どうしても入れたいと言う人は、片栗粉を加えてとろみをつけるなどすると良いですね。また弁当の中に殺菌効果のあるものを入れることも良いですね。これもポイントです。例えば、にんにく、梅干し、スパイスなどを入れると良いですね。

※炒め物の味付けにニンニクを入れるとかしてみると良いですね。前日の夕食の残りを翌日弁当のおかずに使う場合は、必ず加熱しなおしてから入れるようにしましょう。弁当に入れるおかずは味付けを濃いめにしてくださいね。これだと、菌が繁殖しやすい環境になります。気をつけましょう。必ず冷ましてからですね。それから弁当箱にいれるようにしてくださいね。熱いおかずと、冷たいおかずがあります。おかず同士が触れ合い煮汁が移ります。そうすると傷みやすくなります。おかずは、それぞれアルミカップに入れると良いですね。これもポイントです。あと保冷剤代わりにもなりますよね。弁当を食べることに溶けてちょうど食べ頃になると思います。

関連ページ